寝ても、覚めてもブログ

雑食系のブログです。ミニマリスト、ゼロウェイスト、アニメ、ブログ作成のポイント、イラストなど。うだつの上がらないブロガーたち、自分に向けて書いています。箸休めになれば幸いです。

【懐かしい】平成生まれ女子がハマったSNS5選【モバゲー、前略プロフ、モバスペ、魔法のiランド、DECOLOG(デコログ)】

今週のお題「懐かしいもの」

こんにちは、ぽんです

いつも訪問ありがとうございます

今回は“懐かしいもの”ということで、30代の平成生まれ女子が懐かしい!と感じるものをいくつかピックアップしました

きっと「あー、こんなのもあったよねー」と思い出と共に振り返ることができると思います

あなたの青春のすぐそばにあったかけがえのないものもあるかもしれません

嫌な思い出もいい思い出も全部含めて、過去の記憶にすることができればいいですよね

スポンサードリンク

 

モバゲータウン

絵文字も空気も読めません 10代がハマるSNS「モバゲータウン」を28歳(♀)が探検した:あなたの知らないインターネット(1/3 ページ) -  ITmedia NEWS

懐かしのいわゆる“モバゲー”

ハマっていた人も多かったのではないでしょうか

ちょうど携帯電話(当時はガラケー)を持ち始めた中学生時代から高校生までかならお世話になりました

そのため、モバゲーをめぐる学校内でのトラブルもありましたが、今ではいい思い出です

私にとっては、SNSでコミュニティを学ぶ良い機会になりました

各自がアバターを作って個性を表現できるので、「この人はこんなかんじなんだ」とか「やっぱりあの先輩はカッコいアバターを作るんだ」とかと毎日楽しんでいました

友達を紹介するとコインなるものが貰えるのですが、そのコインを増やすために爆発的に会員が増えていったように思えます

クラスの9割は登録していたんじゃないかな

気になる先輩や隣のクラスのあの子など、日記を更新できたり、写真も投稿できるので、動向を常にチェックしていました

”足跡”機能がついてからは、いかに足跡をつけないでプロフィールページに飛ぶかを考えたり、ブックマークをしていつでもみられる様にしたりと、本当にモバゲーがない生活は考えられないほどでした

逆にモバゲーが浸透しすぎて、その名前を出すことすら憚られる様な時代でした

惜しくも最近2023年にサービス終了をしたとのことでしたが、私にとってモバゲーは原点であり、いまのルーツです

ありがとう、南場智子さん

あなたのドキュメンタリーをみんなで見たほどでしたよ

スポンサードリンク

 

前略プロフ

Bubbleで開発-前略プロフィール再現①要件定義とデザイン – NoCodeFreaks

いやー、これも懐かしい!今のあるのかなと調べてみたら、2016年にサービス終了をしていました

ちょうどこちらも携帯電話を使い始めた頃に流行ったもので、クラスのほとんどがしていました

この頃はまだ据え置きのゲーム機くらいしかなく、スマホアプリなんて夢のまた夢

寿司打などのブラウザゲームがメインで、それもパソコンがあるおうちが、学校の授業でパソコンがある日くらいに触れるもので、そんな中前略プロフはかなり画期的な存在でした

モバゲーとは違い、足跡機能もなかったはずなので、気になる人のページを何回もいけますし、写真も各ベストのものを乗せているので、見るだけでも楽しいです

それに、プロフィールを載せるサイトということで、好きなものから嫌いなものまでなんでも書いてあるので、会ったことがない人でも一気に親近感が湧くものでした

また、各種工夫を凝らした前略プロフには、自作のホームページのリンクがされていたり、”相互リンク大歓迎”とか”合いリンク(お互いにリンクすること)”など、さらにそこから広がる世界もありました

私は気になるかっこいい先輩の前略プロフをブックマークして、眺めていましたね…

部活で知った他校の人のプロフなどを見て、話したこともないのに、友達になった気分でした(笑)

私が小学生の時には、ファイリングされたプロフィールをクラスのみんなに書いてもらって、年賀状を送るのが流行っていたので、その延長戦のサービスだったのかもしれませんね

スポンサードリンク

 

モバスペ!

モバスペ終了してた】今目の前にあるものはしっかり感じておくべき | 倉畑コウキの「今日もおつかれっす!!」

モバスペとしか名称を覚えていないのですが、ケータイでホームページを簡単に作成できるサイトのことです

私のブログやホームページ人生はここから始まったのかもしれません

仲のいい友達や個人でなど、ホームページを作ってはキャリアメール(今ではあまり使わないですよね)で送信しては更新をするのを楽しんでいました

仲にはアクセス数を競う様なチームいたりして、キリ番(今は死語なのかな?(笑))を踏むとなんだかちょっと恥ずかしい様な嬉しい様な気分になっていました

今でいうXのようなものも機能としてあって、呟きを投稿しては友達とワイワイしていましたし、これまた気になる先輩や好きな子の謎の呟き(リアルタイムとも言っていましたね、”リアル”とかとも)で学校で一喜一憂したりと多感な時期でした

憧れの女性先輩のサイトとリンクできた時には自己肯定感も高まったり、「どうやって知り合ったの?」とクラスの友達から質問をもらって有頂天になったり忙しい時期でした

ただ、トラブルもあって、実は私が先輩と付き合っていたと噂があったときには、アクセス数が爆発したり、それによって鍵付きの日記を更新したりと、これまたいろいろと学びが多かった時期でしたね

こちらも惜しくもサービス終了となりましたが、いまの礎を気づいていることには間違いありません

ありがとう、モバスペ!青春の一ページでした(今思い出しましたが、”エムペ”とかも使っていたな〜)

エムペ! - 無料ホムペ作成

スポンサードリンク

 

魔法のiランド

魔法のiらんどは死んだ」と思っている“インターネット老人会”の皆さん ……それ、錯覚みたいですよ(要約) - ねとらぼ

こちらは、ケータイ小説の金字塔ともいえるサイトですよね

読んでていた女子たちも多いのではないでしょうか

調べてみると、今でも建材の様で、時代の変化に合わせて生き抜いているその強かさに心を打たれました

みんなで小説を読んで感想を共有したり、面白そうな小説があればみんなで教えあったりと、なにかと共有するのが好きな時代でしたね

隠れ名作を発見するのも楽しくて、深夜真っ暗な部屋でずっと読みあさったり、時には涙を流したりする日々でした

この頃の行動は今の私にも通じるものがあり、自分も最近は書けていませんが、”小説家になろう”に投稿していたのは、ここがルーツだったのかもしれません

これまで、紙で読んでいた本がデジタルでも楽しめること、それに自分と同じ様な一般の方が書いた小説にとても心惹かれるものがありました

www.udablog.com

www.udablog.com

www.udablog.com

スポンサードリンク

 

デコログ

デコログがサービス終了!昔のアカウントを見る方法はあるのか調査! | 株式会社ステップバイワーク

最後はこちら、”デコログ”です

こちらは私が大学生の時によくみていたものです

特に友達と共有するわけではないですが、自分も「有名ブロガーになりたい!」と思いながら野心を持って始めた記憶があります(笑)

ただ、いうまでもなく何の取り柄もない一般人がのしあがれるわけでもなく、それでも投稿するのは楽しかったので、しばらくは続けていました

主なユーザーが女性だったこともあり、女子が喜ぶコンテンツが盛り沢山でしたね

残念ながらこちらも2023年にサービス終了をしたとのことで、感謝の気持ちでいっぱいです

今までありがとう!ゆっくり休んでね(詳しくみると、リニューアルみたいですね)

スポンサードリンク

 

最後に

以上、平成生まれ女子がハマったSNS5選でした!みなさんが知っていたものはありましたか?

懐かしい気持ちと共に、まだ見ぬ楽しいコンテンツを今後も体験していくのが楽しみです^^

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます

お楽しみいただけましたら幸いでございます

www.udablog.com

www.udablog.com

www.udablog.com

www.udablog.com

www.udablog.com

スポンサードリンク

 

▼▼ドメイン取るならやっぱり▼▼

Xserverドメイン

▼▼ナウでヤングなドメインがいっぱい▼▼

ロリポップ!

▼▼はてなブログでもお馴染み▼▼

お名前.com

▼▼ブロガーの強い味方▼▼

A8.net

▼▼ランキング参加しています▼▼

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村

スポンサードリンク