寝ても、覚めてもブログ

雑食系のブログです。アニメ、ブログ作成のポイント、イラストなど。うだつの上がらないブロガーたち、自分に向けて書いています。箸休めになれば幸いです。

スポンサードリンク

ブログを書く時間がない?○○を削って〇〇を増やしてみよう【ブログ初心者向け】

ブログ、楽しんでいますか?
ブログって楽しいですよね。自由に発言ができて、反響もあったりして、アクセス数が増えると無敵になっているような感覚を覚える。

「いつかはブログで飯が食えたらな~」とか「ブログでおこづかい程度稼げたらなぁ~」とかが叶ってしまう。それがブログです。

しかしブログで大きく稼ぐには、並大抵の努力では成し遂げられない壁があります。ブログは水物。常に流行が動き、アクセス数も同じ日はありません。安定が約束されていないのも確か。それでもブログで頑張っていこうと思えるあなたの決意はすごいです。褒め称えます。

ブログ、楽しんでいきましょう。

ブログを書く時間がない人へ

f:id:omuzig:20210826130033j:plain

今回はブログを運営するにあたって、時間がない!と悩んでいる方がいます。
今回は、そんな悩みを抱えている方に向けた情報を発信したいと思います。

時間は三つに分けられる

時間は、大きく分けて三つに分けられるのをご存じでしょうか。
浪費・消費・投資のカテゴリーで分類できます。
自分の一日を見返して、浪費や消費に当てている時間をなるべく投資に当てていきましょう。

  • 浪費

目的に対して意味をなさないもの。ただの時間潰しな行動。
例えばゲームや遊びなどがここに分類されます。ただ生産性がなく時間を過ごしているだけのものです。

  • 消費

目的に対して意味をなさないものの、生活をしていく上で必要な行動。
これは、例えば睡眠や食事、トイレなど生きる上でスキップしてはいけないもののことです。

  • 投資

目的に対して意味をなすもの。必要な行動。
今回で言うところの、ブログにかける時間。

つまり、理論的には「投資」の時間が多い方が理想的ということです。今回で言う「投資」の時間はブログ運営に当てる時間です。ブログを書くだけではなく、ネタを収集する時間やリライトする時間などブログにか変わる時間が「投資」に含まれていきます。いかに、この「投資」の時間を捻出できるかによって、あなたのブログ生活が変わってくるということです。

「投資」が少ない人でも成功している人はいる。でも…

f:id:omuzig:20210825140022j:plain

「俺は短期集中型だ!」「三か月でブログ収益が○桁を越えた人もいるぞ」そんな声も聞こえてきそうなので、少し補足します。確かに、「投資」が少ない人でも成功している人は世の中にたくさんいます。たくさんいますが、それは、ブログで収益を上げたい人を分母にしたときは、本当にごくわずかです。

ブログのpvが1万を越える人、アフィリエイトの収益が1万円を越える人はなんと全体の5%なんだとか。いかにブログで大きな収益を産むことが難しいか理解いただけるでしょう。ブログは参入障壁が低い分、継続するハードルが高いということです。ブログで収益自体をあげることは難しくはありませんが、経験者はご存じでしょうが1円を稼ぐために費やした時間は割に合わないと感じたことはないでしょうか。

話は戻りまして、「投資」が少なくて成功した人は、一概に土素人だったわけではないパターンや元々メソッドを持っていたパターン、的確な助言をくれる人やブログ運営を助けてくれる環境にいるパターン、ブログに関する天性の才能があった方であると思います。

これらのパターンに当てはまらない場合は、「投資」の時間を少なくしても思い描いている収益はなかなか望むことができないので、「投資」の時間を増やした方が得策であると言えるでしょう。

「投資」の時間を増やすには?

f:id:omuzig:20210825135819j:plain

「投資」の時間を増やすには、他の「消費」と「浪費」の時間を削るしかありません。一日24時間はみなに等しく与えられている時間です。総理大臣だからと行って24時間が30時間になったり、赤ちゃんだから24時間が20時間になったりそんなことはありえません。全世界の人に平等に与えられているのが時間です。

ときに極端な考え方をしてしまう人がいます。「じゃあ、24時間を「投資」に全部つぎ込もう!」と。それはおすすめできません。人間やはり人としての最低限の営みは必要ですし、ブログは長期運用が大前提である以上、極端な振り方をしてしまうと短期で燃え尽きてしまいます。何事もバランスよくが基本です。自分ができる範囲で長く継続できるバランスを見極めることが必要です。「投資」「消費」「浪費」のどれかをゼロにすることも人間である以上不可能なので、無理はしないでくださいね。

おすすめなのは、2パターン。

  • 「浪費」=「投資」にするパターン
  • 「浪費」「消費」「投資」=4146 2 7 3

1のパターンは理想系です。息抜きしながらも、未来への投資ができています。これはもう言うことがありません。きっとあなたは、思い描いた未来に近づくことができるでしょう。ブログ運営で言えば、ブログに触れているだけで、ストレスも感じずにリフレッシュできている状態です。無敵と言っても過言ではありません。そのまま継続していきましょう。

ブログ初心者であれば2のパターンがおすすめです。これは24時間を時間で分けたものです。「消費」に分類されるものを時間換算したときに、
睡眠=8時間
食事(朝昼晩各1時間)=3時間
トイレやお風呂など=3時間
とした場合の時間が14時間となります。
24時間から14時間を引いた残りの10時間が「浪費」と「投資」に当てることができる、あなたが自由に使うことができる時間です。

もちろん、「僕は睡眠時間が6時間だ」という人もいれば「私は10時間睡眠です」「お風呂とトイレは1日に1時間ほど」と言う人もいるでしょう。

そうした場合は、調整していただいて全く問題ありません。大切なのは絶対に「浪費」の時間を無くさないこと。あなたがあなたであるのは、この「浪費」のおかげです。「浪費」がないのは、ロボットと同じ。自分の24時間を振り替えって、できるだけ「投資」に割く時間を確保していきましょう。

「投資」の時間を増やすポイント

f:id:omuzig:20210825135950j:plain

「投資」の時間を増やすポイントは簡単です。今自分がしている行動や24時間の自分の行動を振り替えって、その行動がどこカテゴリーに属するかを判断するだけです。

私の改善前はこうでした。

  • 「浪費」4時間(ゲーム、晩酌、だらだら)
  • 「消費」19時間(睡眠8時間、トイレ+お風呂1時間、育児+家事2時間、仕事8時間)
  • 「投資」1時間(ブログ)

一日の大半を「消費」で占めています。睡眠はロングスリーパーなので削ることができません。育児や家事もこれ以上は削れません。そこで、「浪費」に当てている使途不明な4時間のうち、思いきって3時間を「投資」に当ててみました。この「浪費」の1時間は何をしてもよいと自分を許して、ゲームや家族との晩酌を楽しみました。

仕事もなるべく定時であがれるように努力をして、なんとか「投資」の時間を確保しました。そして「今この行動は、どこにカテゴリーされるのか」を意識し続けると、自ずと「浪費」が減ってくるので不思議です。

「浪費」の時間を削っても、どうしても時間が足りないという方もいます。そうした場合は、「並行して進めること」「隙間時間を多用すること」をオススメします。例えば、「移動時間にブログネタを考える」「料理をしながら記事構成を決める」「トイレをしながら記事内容を考える」などです。またちょっとした時間があれば、躊躇わず記事を書くこと。こうすることで、時間を有効勅使に使うことができ、時間短縮、節約になります。時間が増えるような感覚すら感じるでしょう。「あとでまとまった時間ができたら記事を書こう」はなかなか実現しません。「あとで」は「永遠に」やってこない時間です。時間がない人だからこそ、できる時間に少しでも良いのでやりましょう。一行だけでも良い。キーワードだけでもいい。タイトルだけでもいい。その積み重ねで記事はできます。きっと隙間時間だけで1日に記事を一本書き上げることもできます。「時間がない!」と決めつけるのではなく「どうするれば時間を作れるか」を常に考えましょう。隙間時間は意外と多いものですよ。

最後に

f:id:omuzig:20210826125908j:plain

できることから、少しずつ始めていきましょう。急な方向転換は順応する自分自身も大変です。ブログ運営は長期的なものなので、自分のライフスタイルも長期的に変えていきましょう。「ブログで生計を立てるぞ!」という人は、「自分の時間のカテゴリー化」をすることで、自ずとブロガーらしい考えになり、ライフスタイルもそれに近しいものになっていきます。

まずは、「だらだら見るテレビをやめる」「なんとなくやっているゲームの時間を少なくしてみる」「仕事を定時で切り上げる」などできることからチャレンジしていきましょう。

みなさんの、ブログの大成功を祈っています。

www.udablog.com

www.udablog.com



▼▼ドメイン取るならやっぱり▼▼ Xserverドメイン

 

▼▼ナウでヤングなドメインがいっぱい▼▼ ロリポップ!

 

▼▼はてなブログでもお馴染み▼▼

お名前.com

 

▼▼ブロガーの強い味方▼▼

A8.net

スポンサードリンク