寝ても、覚めてもブログ

雑食系のブログです。アニメ、ブログ作成のポイント、イラストなど。うだつの上がらないブロガーたち、自分に向けて書いています。箸休めになれば幸いです。

【ミニマリスト】モノをナマモノ(お刺身)と考え、賞味期限を決めると部屋が片付く【暮らしやすい暮らしのために】

こんにちは、ぽんです*

いつも訪問ありがとうございます*

今日は「モノの賞味期限」について、お話ししたいと思います!

(イニシエーションラブを見ながら、書くブログもまた良いですね…)

 

モノの賞味期限

賞味期限切れの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

みなさん、モノに賞味期限をつけていますか?

え、モノに賞味期限?

壊れたら賞味期限でしょ?

モノに賞味期限なんてないでしょ?と思われるでしょう。

でも、もしあったら考え方が変わりますよね。

そんな考え方で、片付けをすると、部屋がきれいになるかもしれません!

ぜひお試しください!

 

スポンサードリンク

 

モノは生きている

 f:id:omuzig:20211118090937j:plain

 

食べ物が腐ったら、嫌な臭いがします。

賞味期限が、切れたら廃棄します。

それは生物に限ったことではありません。

実際使っている文房具や下着、日用品、すべてに賞味期限は存在すると私は思っています。

それは、基本的には壊れたら、や使いきったら、と、なるのですが、今回は片付けられないものに対して「あえて」賞味期限をつける方法のご紹介です。

日本では万物に神が宿る、八百万を信仰しています。

この考え方からすると、すべてのモノは生きています。

生物だけが生きているわけではありません。




f:id:omuzig:20211118091016j:plain

 

例えば、いま履いている下着はいつ買ったものですか?

いまの状態はどうですか?

買ったのは5年も前で、毛玉がいっぱいついている…なんてことは、ないですよね?

もしそうだとしたら、その下着はもう賞味期限が切れている恐れがあります。

下着でいえば、いちばん肌に触れているものなので、常に清潔に保たないと運気が逃げていってしまいます。

財布で言えば、平均寿命が3年ほどと言われていますので、推奨される買い換えの時期があります。

中には、長く使えば使うほど、年期がでてきて味が出るものがありますが、そうではないものは、もうすでに賞味期限を迎えているものが多いかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

 

ご自宅のキッチンはいかがでしょう?

f:id:omuzig:20211107082710j:plain

 

キッチンの引き出しの奥に、もう一年も使っていないお皿やキッチン用品はありませんか?

クローゼットの奧に、買ってから一回も着ていない服が眠っていませんか?

 

子供のおもちゃや育児グッズ、趣味のもの、いただいたものなど、たくさん眠っていないでしょうか。

 

 

 

収納には2パターンあると思っています。

 

  • 使うための収納
  • とりあえずの収納

 

例えば、季節もののグッズなどは来シーズンのために収納が必要なときがあります。(クリスマスツリーとか、お正月のかざりなど)

これらは”目的”があって、収納されているので、問題はないものたちです。

 

f:id:omuzig:20211118091041j:plain

 

しかし、やっかいなのが「とりあえずの収納」です。ミニマリストと呼ばれる人たちは、この「とりあずの収納」が少ない方が多いと思います。

 

本当に必要なものだけ、本当にいるものだけ、本当に使うものだけで生活をしています。無下にものを捨てているのではなく、使うものをだけ残したら、持ち物が少なくなった、ということなのでしょう。

 

「とりあえずの収納」は「いつか使うだろう」「まだ使えるだろう」と目的が決まっていないものたちです。自分たちが思っているほど、その「いつか」はやってきません。使うときには、商品を購入してすぐに使っているはずです。

 

できる限り「とりあえずの収納」を減らしていくことが、すっきりとした生活の一歩であり、近道であると思います。

 

スポンサードリンク

 




f:id:omuzig:20211118091057j:plain

 

キッチン用品は日々進化しており、一年も前のモノよりも使いやすくなっていることが多いです。

服については、流行もありますし、一年前のものであればサイズが合わないことや、虫に食われている恐れもあります。

賞味期限が切れたものは、基本的には高確率で日の目をみることはありません。

むしろそのまま記憶からも忘れ去られ、タンスの肥やしになるのが王道です。




あなたのクローゼットやタンスは、いまどのくらい賞味期限が切れているモノがありますか?


f:id:omuzig:20211107082809j:plain


人が認識しているモノの量は、想定の三倍と言われています。

つまり、いまあなたがイメージした量の三倍は、賞味期限を迎えているものがモノがある、ということです。

おそろしや・・・。

想像してみてください。

鮮度が落ちたモノが悪臭を放ってクローゼットにあることを。

モノは自ら主張をしないので、なかなか食べ物と比べて気づきにくいですが、これは健康にもよくないのです。

ダニでいっぱいの服やカビが生えた下着は、誰がどうみても気持ちよくないですよね。

モノは生きているのです。

 

モノは、使われないと、死んでしまいます。

 

モノは、”使われるために”生まれてきたのですから。

 

スポンサードリンク

 

ものは賞味期限が分かりにくい。モノの賞味期限の決め方

f:id:omuzig:20211107082821j:plain

 

生物でないものは、なかなか見た目では劣化が見えないので、捨て時がわからないでしょう。

刺身など鮮度が高いものであれば、変色や臭いなどでわかりますが、腐らないものはやっかいです。

そこで、あえてモノに賞味期限を決めると言う方法があります。




f:id:omuzig:20211107082837j:plain



例えば、「この服はワンシーズン経ったら新しいものに変える!」や、「この用品は何度か使って使い勝手が悪かったら捨てる!」などです。

でも、なかなかお金を出して買ったものなので、捨てにくいときもあるでしょう。

そのときは、一ヶ月や半年などの猶予を設けましょう。

「一ヶ月使わなかったらさよならしよう」

「半年使ってみて、使いにくかったら誰かに譲ろう」

こんなかんじで考えてみてください。

すると、自然と自分のなかでモノとの整理がつき、片付けがしやすくなります。






なかなかさよならしにくいものが、あるときはこの方法を試してみてください。

「モノは生きている。」

長年使ったものには、それなりの時間の経過が表面に出てきます。

お気に入りだとなかなか手放しずらいかもしれませんが、まずは使っていないもの・思い入れがないものからトライしてみましょう!

 

使っていないものであれば、1回使ってみましょう。そこで使いやすさが実感できるはずです。今持っているものよりも使いやすかったら交換してみる。もしも使いにくかったら手放す(誰かにあげる、中古ショップに売りに行く、思い切って捨てる)ことを検討してみてください。

 

それでも「捨てるのがいや・・・」というときは、とことんそのアイテムを使い倒してみましょう。たくさん使って、壊れるまで使っていきましょう。壊れたら、「ありがとう」とものに伝えて区切りをつけるとよいでしょう。






自分の家も、自分の身の回りも、常にいい鮮度で生きたいですよね!

最後までお読みいただき、ありがとうございます*

参考になれば、幸いです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

▼▼ドメイン取るならやっぱり▼▼

Xserverドメイン

 

▼▼ナウでヤングなドメインがいっぱい▼▼

ロリポップ!

 

▼▼はてなブログでもお馴染み▼▼  

お名前.com

 

▼▼ブロガーの強い味方▼▼  

A8.net

 

 

▼▼ランキング参加しています▼▼

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク