寝ても、覚めてもブログ

雑食系のブログです。アニメ、ブログ作成のポイント、イラストなど。うだつの上がらないブロガーたち、自分に向けて書いています。箸休めになれば幸いです。

【1か月チャレンジ】価値観の違いをおもしろがる【ツキと幸運がやってくる31日の習慣】(17日目)

f:id:omuzig:20211118150347p:plain

こんにちは!いつも訪問ありがとうございます!

この記事(企画)は西田文朗先生の「ツキと幸運がやってくる31日の習慣」を実際にやってみたの「1か月チャレンジ」です

ツキと運をゲットして、楽しいライフスタイルにするぞ〜!の企画でございます

企画の詳細はこちら

www.udablog.com

17日目「価値観の違いをおもしろがる」

f:id:omuzig:20211205151024j:plain

今回のテーマは「価値観の違いをおもしろがる」

本日の要点は以下です

  • 価値観の違う夫婦がお互いに歩みよって学ぶからこそ、夫婦は楽しい
  • 価値観の違いを楽しむことは職場でもあらゆる人間関係においても同じ
  • 価値観の同じ人同時で付き合っていても、変化はない
  • 価値観の違う人と接し、「すり合わせ」していくことが成長となる
  • 大切なのは価値観の違いを楽しむこと
  • 「大変そうだなぁ」ではなく「面白そうだなぁ」と思うのがプラス脳への働きかけとなる
  • 価値観の違う人との付き合いがツキを呼ぶ

f:id:omuzig:20211205130100p:plain

サブタイトル:価値観の違いを気にしているようじゃ大きくなれないよ

今日のテーマは価値観です

価値観って便利な言葉ですよね

唐突ですが「価値観の違いです」って言えば、大抵のことは「あぁ、そうなんですか」って終わる気がします

本当はもっと深刻で複雑なことなはずなのに、結構あっさりと片付けられていると思います

それは、さておき、今回は価値観の違いをおもしろがるということで、なかなかハードルが高いと思います

人は自分と同じ趣味趣向の人物を自然と求めていく傾向があり、居心地がよいと感じる生き物だと思っています

そこで、自分と考え方が異なる人と接するということは、相当の体力を消耗するので、心にも体にも負担がかかることでしょう

しかし、そこを「楽しみ」に変えていくことで、ツキや運が巡ってくる、と

さらに言えば、自分の今持っていないツキや運は、価値観が違う相手が持っている可能性が高いので、チャンスと言わんばかりに飛び込むと良いのだろう

難しいと思わずに、できることから楽しんでやるのが吉とでるかもしれない


スポンサードリンク



実際にやってみました

f:id:omuzig:20211205130138p:plain

今回の課題

「あなたの周りにいる「ツイている人」の価値観や性格を観察してみましょう」

この課題を考えたときに、一番最初にでできたのは、会社の同僚と私の実の姉です

お二人とも、どちらとも価値観が合わないなぁと感じており、おそらく二人とも私に対しても同じことを思っていると思います

姉に関しては、実際お互いに「そうだよね」と直接認識しあったことも過去にあるので、いまもそうでしょう



この二人、やはり運が良いというか、勝負運に強いというか、やっぱり何かを持っている

会社の同僚は仕事はできるし、私のよりも会社の等級が上だし、評価されている人です

私よりも年下ですが、私よりも業界や現場を知っているので、知識もあります

そんな人ですが、尊敬をしているところですが、「価値観が合わないなぁ」と思うのが、二点あり「どんな人にもタメ語で話すこと」と「言葉がきついもと感じることがある」です

同僚の性格として認識されてはいると思いますが、課長にも部長にも友人のような口調で話しているので、毎回「すごいなぁ」と感心します

日本人の体制が染み付いているのが私なのかもしれませんが、物怖じせずにガンガン行く姿勢はさすがだとしか思えません

もうひとつの特徴は、「言葉がきついなぁと感じること」については、私だけではなく他の社員の方も同じように思っているようです

言葉がきついというか、言葉が足りていないことが多く感じます

もともと結婚式に呼ぶほど仲は悪くないので、普通に意思疏通すれば問題ないのですが、メールなどでの言葉のやり取りはなかなか辛辣なことが多いです

これも価値観の違いですかね

姉に関しては、もう求めているところが違うなぁと感じています

結構姉はしゃべりたがりで、よく電話をくれるのですが、一時間話して「結局何が言いたかったのかな」「何が趣旨だったのかな」と思うことがあります

また私の言葉の節々で揚げ足をとってきたり、今議論していることではないことを引き合いに出して話を難しくさせていて、それでいて相手が(自分が)折れるまで重箱の隅をつつかれるので、なかなか体力が要ります

私の言い方もそっけなかったり、つっけんどんだったり、厳しかったりするのは自覚していますが、変に物事に関わられるよりは、そっとしておいてほしいという心の現れですが、うまく優しく言えないときもあるので、毎回反省しています

これも、価値観の違いですね

彼女たちは世渡りがうまいと思います

そつなく物事をこなして、相手に依頼したり、進めるのが上手です

渡しにはない能力なので、見習うべきと頃は見習っていきたいと思います


スポンサードリンク



f:id:omuzig:20211205130306p:plain

みなさんの「価値観の違う人」は誰でしたか

はじめは、なかなか価値観の違いをおもしろがることは難しいですが、少しずつ慣れていければ良いですね


では、本日のチャレンジは終了したいと思います

最後までお付き合いいただだき、ありがとうございます!




スポンサードリンク



▼▼ドメイン取るならやっぱり▼▼



Xserverドメイン


▼▼ナウでヤングなドメインがいっぱい▼▼



ロリポップ!


▼▼はてなブログでもお馴染み▼▼



お名前.com


▼▼ブロガーの強い味方▼▼



A8.net

▼▼ランキング参加しています▼▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク