寝ても、覚めてもブログ

雑食系のブログです。アニメ、ブログ作成のポイント、イラストなど。うだつの上がらないブロガーたち、自分に向けて書いています。箸休めになれば幸いです。

【ミニマリスト】親の家を片付ける(2)買い物依存症の母と向き合う【計画が甘かった】

こんにちは、ぽんです
いつも訪問ありがとうございます

今年度もどうぞよろしくお願いいたします


先日2年ぶりに実家に帰省することができました
実家ではゆっくり過ごそう・・・なんて甘い考えは全くなくて、「部屋を片付ける」この思考しかありませんでした


ただ、結論からすれば、私の計画が甘く思うようにいかなかったというのが結果となりました

しかし、片付けをする前と後ではまったく異なる景色を見ることができたので、無駄ではなかったと思っています


では年末年始の私の掃除の記録です

ビフォー・アフターのお姿

www.udablog.com

ビフォーについては別記事でまとめましたので、よかったらどうぞ

ビフォーとアフターをわかりやすくするために、少し比較画像を掲載したいと思います

まずは、こちらの角度です

f:id:omuzig:20211231104350j:plain

ビフォーは壁一面にものが並べられた状態でした

ところ狭しとはまさにこのことと言わんばかりのものの散乱具合

これが、アフターではこちらになりました

f:id:omuzig:20220103193117j:plain

どーん!いかがでしょう

だいぶすっきりしたように見えませんか?

布団を綺麗に片付けたのも大きいですが、ものを整理したのがメインです

ここにあるものは9割母のものなので、むげには捨てられずに、使いやすいように、見やすいように並べ替えたのが一番大きいですが、それでもかなり片付いたように見えます

f:id:omuzig:20220103193130j:plain

壁一面にあったものもも捨てられるものは捨てて、ジャンルごとにまとめました

壁は前の記事で書いたように痛みが見られる場所や一部床も傷んでいるところがあったので、そこは避けるように配置換えをしました

(内心、「壁と床の痛みを見て、気づいて!」という私のささやかなメッセージですが、母はどこまで気がついてくれるでしょうか)

スポンサードリンク


f:id:omuzig:20220103193145j:plain

床が見える安心感

心が少し落ち着いてきます

それでも角度を変えると、まだまだもののごちゃつきは否めないです

これが全部自分のものだったらな〜

がしがし片付けられるのに・・・と

f:id:omuzig:20211231104231j:plain

買いすぎた子供用品も次の写真のように綺麗になりました

f:id:omuzig:20220103193159j:plain

これもものを最大限まとめただけなので、物量としては正直変わっていませんが、それでも久々に見たこの黄色のマットに感動しました

大分掃除機もかけていなかったので、埃もいっぱいでした

綺麗に掃除をして、鼻のむずむずもかなり解消されました

スポンサードリンク


f:id:omuzig:20211231104208j:plain

ものが平積みになっていた勉強机も、次の写真のようになりました

f:id:omuzig:20220103193216j:plain

こちらもものを寄せただけですが、ここで作業はできるくらいのスペースは確保できました

f:id:omuzig:20220103193227j:plain

あああああ・・・

フローリングが見える・・・

こんなにフローリングを見て安心したのは人生初めてだと思います

スポンサードリンク


f:id:omuzig:20220103193732j:plain

大量に購入されたトイレットペーパーは、どうにもできないので、1箇所にまとめました

湿気の原因でもあるので、これ以上買い足されないことを祈るばかりです

なんでこんなにあるのに、買ってしまうんでしょうか

安物買い?タイムセールを買わないと損した気分になる?私には理解しようとしても分かりません

母に聞いても「すぐ無くなるし、私意外トイレットペーパー買う人いないからよ」と返答がありましたが、家族四人(父、母、祖母、祖父)で暮らしてもいても、この量は多いような・・・

オイルショックでも来ることを予言しているのでしょうか・・・はて・・・

f:id:omuzig:20220103193721j:plain

結局部屋にあった除湿剤はこんなに集まりました

占めて10個とプラスアルファ

買っても、1回もこの部屋で使われているのを見たことがないのですが、どこかの部屋で使ってくれているのでしょうか

スポンサードリンク


f:id:omuzig:20220103193949j:plain

以上、買い物依存症の母と向き合う、親の家を片付ける(2)でした

今回、見立てが甘かったのは

  • 子供が大はしゃぎで、面倒を見るので時間がいっぱいだった
  • 旦那にも面倒を見てもらうものの、子供が体力モンスターすぎて結局夫婦で見るので掃除の時間なし
  • 子供がこの部屋で昼寝をするので昼寝中は掃除不可
  • ものが大量にありすぎてどこから手をつけたらいいかわからず
  • 途中から別の部屋の掃除も行った
  • 実家に掃除用具がほとんどない


こんな感じで計画がそもそも無茶なものでした

f:id:omuzig:20220103193959j:plain

ただ、最低限健康被害がないくらいの部屋にはできたので、良かったと思っています

次帰省するのはGWくらいなので、それまでとりあえず実家にダイソンでも送っておこうと思います



今回特に感じたのは、実家の高齢化です

正直、「掃除、どうでもよくない?」という風潮をひしひしと感じました

「年末の大掃除なんて知らない」みたいな顔をしており、いつ掃除をしたか分からないリビングのカーペットをコロコロで掃除をしているときは、静かな焦りしか感じませんでした


田舎あるあるですが、家がでかい
その分掃除の手間もかかるはずですが、まったく掃除の手が行き届いておらず、埃まみれの冊子や洗面台は介護の必要性も感じるほどでした


ありがたいことに、多くの気づきを得た帰省でしたので、これからも親の家を快適にするべく、日々精進していきたいと思います



余談ですが、実家にいるとものに溢れていることがストレスになっているようで、確実に体調がよくなく、自分の家に帰ってくるとすっきりと大量が直りました

実家でも寛げるように、今年も精進します

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます(雪国の景色とともに・・・)

スポンサードリンク



▼▼ドメイン取るならやっぱり▼▼



Xserverドメイン


▼▼ナウでヤングなドメインがいっぱい▼▼



ロリポップ!


▼▼はてなブログでもお馴染み▼▼



お名前.com


▼▼ブロガーの強い味方▼▼



A8.net

▼▼ランキング参加しています▼▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク