寝ても、覚めてもブログ

雑食系のブログです。アニメ、ブログ作成のポイント、イラストなど。うだつの上がらないブロガーたち、自分に向けて書いています。箸休めになれば幸いです。

【1か月チャレンジ】ツイている人を探す【ツキと幸運がやってくる31日の習慣】(5日目)

f:id:omuzig:20211118150347p:plain

こんにちは!いつも訪問ありがとうございます!

この記事(企画)は西田文朗先生の「ツキと幸運がやってくる31日の習慣」を実際にやってみたの「1か月チャレンジ」です

ツキと運をゲットして、楽しいライフスタイルにするぞ〜!の企画でございます

企画の詳細はこちら

www.udablog.com

5日目「ツイている人を探す」

f:id:omuzig:20211123072221j:plain

今回のテーマは「ツイている人を探す」

本日の要点は以下です

  • 「ツイている人と付き合う」
  • 人は付き合っている人の思考や感情に感化される
  • 成功したいのであれば、成功している人と付き合う
  • まずは知り合いの中から、ツイている人を探す
  • ツイている作業をしっかりと行う


f:id:omuzig:20211123003239p:plain

「ツキは人が運んでくるもなんだよ」のサブタイトルにハッとさせられました

立派な自己啓発本にも、胡散臭い自己啓発本にも「環境の大切さ」はかなり声を出しにして言われていますね

夫婦も友達もそうですが、一緒にいる時間が長ければ長いほど、同じような考えやものの味方になってききます

これは、もともと同じような考えの人同士が磁石のようにくっつくのが理由でもありますが、さらに言えば、一緒にいるからこそより強く惹かれ合うのだと再認識させられました

つまり、成功したいなら成功したい人のそばにいて、その人の考え方を自分のものにすればいい、とそういうことですね


スポンサードリンク


実際にやってみました

f:id:omuzig:20211117164852p:plain

私の「ツイている人を探す」はこれです。
ざっと行ってみましょう!


  • 昇格試験 → 先輩方の助言を乞う
  • ブログ →  成功者のブログを読んで、考え方をインプット!


まずは、目先の昇格試験から…

これはもうすでに実践しています

合格するためには、人脈だとかなり実感させられています

合格者たちはツイているからこそ、合格できたのです

ツキがなかったら、合格になんてたどり着けません

やはり合格者たちには一定の共通点があり、不合格者たちにも一定の共通点があります

合格者たちの考えを聞くと「ああ、こういう風に考えることができるんだ」と”考えを寄せる”ことができます

極端な話ですが、成功者(=合格者)たちの考えを、そっくりそのまま自分にも埋め込めば、ゴールに近づくというわけです

環境は本当に大事です

あるかないかだと、段違いの結果を生みますよね

うむうむ



また、可能であれば、もはや面接官と一緒にいる環境を作るのが一番かもしれないと思ってきました

究極の究極ですが笑

(今回の昇格試験は、そんなチャンスも時間もなかったので、可能であればしたかったですね)

面接官の考えが分かれば、「合格にする人の特徴」「合格を判断する基準」も分かるわけです

そうすると、抑えるべきポイントがはっきりするので、より合格に近づけますね





また、今回のこの1か月チャレンジの目的は「昇格試験合格」で、きっかけとなった出来事ですが、他のことにも適用できますね

私の場合、ブログを第二の目標にしました

これもすでに行っているのですが、大好きなブロガーさんのブログを隅から隅まで読んでいます

それはもう、ストーカーのごとく笑

自分でも気づいているレベルで、結構その方々に寄っている気がします

悪く言えば「二番煎じ」「誰かの物真似」になってしまいますが、成功している方々の遺伝子を受け継ぎたい気持ちは、悪い物ではないと思います

それはただの真似ではなく、あくまでも「継承」に近いものかと

ものは良いようですが、できる限りポジティブに!が過去のテーマにもありましたもんね




スポンサードリンク




f:id:omuzig:20211118151022p:plain

ツイている人探し、楽しそう!

皆さんの周りのツイている人って、どんな人ですか?

きっとキラキラしていて、楽しそうで、夢中で、引き込まれる魅力を持っている人なのでしょう



野球でメジャーリーグに行きたい人が、家でずっと素振りをしていても進まないように

小説家になりたい人が、家でもくもくと小説を書いても誰にも読んでもらえないのと同じで

野球選手になりたいなら「野球場(野球をしている人が集まっている場所)」に行くべきだし

小説家は小説を投稿したり、読んでもられる努力をすべきだし、考えてみれば、成功者の近くに行くことは必然の行動だったんですね

最後に

皆さんも「ツイている人を探す」やってみてはいかがでしょうか

では、本日のチャレンジは終了したいと思います。

最後までお付き合いいただだき、ありがとうございます!




スポンサードリンク



▼▼ドメイン取るならやっぱり▼▼



Xserverドメイン


▼▼ナウでヤングなドメインがいっぱい▼▼



ロリポップ!


▼▼はてなブログでもお馴染み▼▼



お名前.com


▼▼ブロガーの強い味方▼▼



A8.net

▼▼ランキング参加しています▼▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク