寝ても、覚めてもブログ

雑食系のブログです。ミニマリスト、ゼロウェイスト、アニメ、ブログ作成のポイント、イラストなど。うだつの上がらないブロガーたち、自分に向けて書いています。箸休めになれば幸いです。

【映画】考察深い!もっと知りたくなる作品5ランキング【王道の名作から隠れ名作まで!Amazon Prime Videoで視聴OK】

今週のお題「私の〇〇ランキング」

悩む イラストの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

こんにちは、ぽんです

いつも訪問ありがとうございます(ブックマーク・スターもありがとうございます)

ブログ更新の励みになっています

今回は私が大好きな映画で、Amazon Prime Videoで視聴できるもの且つ、私が記事にした作品の中から”考察深い”作品をランキングで5つご紹介します

名作から隠れ名作まで、見て損なしの作品ですので、明日の映画にいかがでしょうか

それではどうぞ!

▼その他のおすすめ映画はこちら▼

www.udablog.com

www.udablog.com

www.udablog.com

www.udablog.com

www.udablog.com

スポンサードリンク

 

1位:シックス・センス

まず映えある第一位は”シックス・センス”です

この作品は見れば見るほど本当にいろいろなことに気づかされる作品です

必ず2回は視聴してほしい、名作中の名作です

見た目は一見ホラー映画のように見えますが、実は恋愛映画だったり、家族愛だったり、ヒューマンドラマだったり、サスペンスだったりとジャンルを「これ!」と言えないくらいに奥深い内容です

初めて見たときは「怖いな」としか思えませんでしたが、大人になるにつれ見る視点も感じるポイントも変わってきて、そうした変化も楽しめます

ぜひ思春期に1回、成人で10回くらい見てほしいですね

使われる色だったり、セリフだったり、視線だったり、交わされる動作だったり、全てが伏線であり、全てに答えがあります

それを知っているのと知らないのとでは、感じ方が全く異なります(この映画のテーマや本質にも似ていることですね)

ブルース・ウィルスやハーレイ・ジョエル・オスメントさんの名演技もそうなのですが、脚本が本当に最高なのです

この時代の最高峰ですし、今でもこの脚本を超えられるのはなかなかないのではないでしょうか

見終わったあとの後、独特の虚無感は絶対に忘れられません

(個人的には、”タイタニック”のラストシーンくらいの重さを感じます)

見て損なし、約束します

www.udablog.comスポンサードリンク

 

2位:プラットフォーム

第2位は”プラット・フォーム”です

閉鎖空間で起きる出来事を描いた作品ですが、新約聖書や旧約聖書など宗教面での考察がかなり深くできる作品です

知見がある方だと、本当に興味深く視聴できるはずです

各階の数字だったり、食べるものだったり、それぞれの登場人物のセリフだったり、大切にしている物だったり、全てに意味がある作品です

きっとこの作品の意図するところは、製作陣にしか全て分からないかもしれませんが、それを視聴者が自由に解釈できるという権利があります

それが逆にこの謎の部屋にいる人物たちと対比されているところなのかもしれません

見ると絶対にあなたは考察を読みたくなります

そして、自分が感じたものと誰かが感じたものを照らし合わせたくなります(私のように)

最後、少女はどうなったのか?主人公が意味するものは?

そもそもこのプラットフォームは何がしたかったのか?目的は?他の人はどうなったのか?

答えを求めずにはいられない作品です

www.udablog.comスポンサードリンク

 

3位:MAMA

このブログでも結構人気というかアクセス数が高く評判(?)な”MAMA”という作品です

ホラー映画にハマっていた時に見つけたのですが、これも実はホラーではないのかもしれません

家族愛というか親子愛に近いものがありますね

また、子供の従順さや素直さ、純粋さと儚さも描いている作品なのかもしれません

確かにおばけは出てくるので怖いのは怖いのですが、それ以上に「ああ、よかったね(よくないけど)」という何とも言えない感情をいだくことになるでしょう

なぜそうなったのか?そっちを選んだのか?少女は最後どうなったのか?とこちらも考察をしながら答えを求めたくなる作品です

ママの正体、リリーのラストをあなたならどう解釈しますか?

www.udablog.comスポンサードリンク

 

4位:残酷で異常

第4位は”残酷で異常”です

隠れ名作なのではないでしょうか

しかし、見るとその世界観に引き込まれ、きっと最後まで視聴したくなります(この記事を書いているときにも、再度見返したくなっています)

こちらも宗教色があるので、キリスト教にゆかりがある方はもっと面白く見られるかもしれません

それでも、知識がなくても分かる楽しさがあり、考察を読んで「ああ、そういうことだったのか〜」と感動する楽しさもあります

そして自分なりに考察をして「この映画はこんなことが言いたかったのでは?」と思慮を膨らませることも、この映画の醍醐味です

決して明るくない映画ですが、最後はきっとハッピーエンドになるであろうと私は解釈しました

あなたなら、最後のあの微笑みをどう捉えますか?

www.udablog.com

スポンサードリンク

 

5位:MEMENTO

ランキング第5位は”MEMENTO”です

こちらも考察of考察の王道作品で、もはや殿堂入りだと思います

この作品も最低必ず2度は視聴したい作品です

”MEMENTO”が面白いのが、前知識なしで自分と主人公が全く同じ立場に置かれていて、それから状況を少しずつ解釈していくことだと思います

自分自身も記憶をなくしているかのような”置いてけぼり”感を感じながら、目の前で展開される事象や情報をつなぎ合わせて、今を解釈しようとするその過程がなんとも面白いです

終始頭を使う作品なので、視聴し終えたあとの疲労感は相当です(笑)しかしながら、だからこそ見応えは十分あります

自分が記憶喪失になったら、こんなにアグレッシブになれないですが、なぜ彼がここまで精力的なのも考察のし難いがありますね

www.udablog.com

スポンサードリンク

 

最後に

以上、考察深い!もっと知りたくなる作品5ランキングでした

どの作品も本気でおすすめできるものばかりです!ぜひ人生に1度はご視聴を!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます

お楽しみいただけましたら幸いでございます

www.udablog.com

www.udablog.com

www.udablog.com

www.udablog.com

www.udablog.com

スポンサードリンク

 

▼▼ドメイン取るならやっぱり▼▼

Xserverドメイン

▼▼ナウでヤングなドメインがいっぱい▼▼

ロリポップ!

▼▼はてなブログでもお馴染み▼▼

お名前.com

▼▼ブロガーの強い味方▼▼

A8.net

▼▼ランキング参加しています▼▼

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村

スポンサードリンク