寝ても、覚めてもブログ

雑食系のブログです。アニメ、ブログ作成のポイント、イラストなど。うだつの上がらないブロガーたち、自分に向けて書いています。箸休めになれば幸いです。

【当たるか?!】箱根駅伝特別グッズ【当選人数●名!豪華限定グッズが無料で当たる!】【無料懸賞の裏側も】

ある日、家のポストにこんなチラシが投函されていた。

f:id:omuzig:20211127062151j:plain

ほうほう。何かが当たるというのは、悪い気がしない。

けれども、往々にしてこうした懸賞系は、個人情報をいいかんじに搾取して、その後ダイレクトメールなどを送る際の顧客リストを作るのが目的なのだと思っている。
実際に、小さい文字でそのようなものが書かれていた。


私はすぐに「要る?要らないよね?」と聞いたが、「試しに送ってみてもいいんじゃない?」と言ったので、ここは旦那の気持ちを削ぐこともないので、
応募してみることにした。


が、結果応募し忘れたものの、結果的に応募しなくて良かったと思っている。

スポンサードリンク



ちなみに主催は、読売新聞。

f:id:omuzig:20211127062232j:plain


我が家では新聞を取っていないし、今後も取ることはない。もしもダイレクトメールが来たら、配信停止をお願いしたい。


けれども怖いのが、第三者に渡ることである。


昔、「無料!全員もらえる!」という甘い言葉に誘われて、子供向けの絵本を応募したことがある。(ベビーカレンダーと言えば、わかる人はわかるだろう)


そこから、金融系の会社から営業電話がかなりかかってきたことがあった。ベビーカレンダーの方はすぐ登録情報の削除をしたが、その後も営業電話は鳴りやまない。


1年ほど無視していると、もう掛からなくなったが、まだ向こうに私の個人情報があると思うとぞっとする。消してくれていればいいのだが・・・

さて、話は戻って箱根駅伝の特別プレゼントの件である。


今回のキャンペーン概要

商品はこちら。

f:id:omuzig:20211127062302j:plain

f:id:omuzig:20211127062321j:plain

応募締め切りは、11月24日(火)まで。※ネット受付
(※はがき応募は11月21日(日)まで)

総勢1,100名に当たるとはなんとも太っ腹な試作である。

当選は商品の発送をもって通知とのこと。

箱根駅伝は人生で1度だけ見に行ったことがあるが、見に行ったものの走っている姿を見たことはない。笑

しかし、雰囲気だけでも楽しめるので、ぜひ親にも見せたい。

スポンサードリンク


旦那が欲しがっていた商品

f:id:omuzig:20211127062344j:plain

個人的にはモノを増やしたくないので、どの商品でもいいというか、むしろ必要ないと思ったが、旦那と相談したうえで、ベンチコートに決定!

理由は、ハーフコートのデザインが好きじゃないから、だそうな。

ベンチコートであれば、犬の散歩の時にも使えるし、災害のときや今度子供の運動会だ部活だなんだというシーンでも使えるので汎用性はありそう。

実際、実家にも我が家にもベンチコートはないので、あって損はなし!

と、思っていたものの、結果応募を忘れてしまった笑


f:id:omuzig:20211127062415j:plain

f:id:omuzig:20211127113251j:plain




なんだか引っかかるなーと思い、ネット(Google先生)でいろいろ調べてみると、なかなか衝撃的な結果だった。

懸賞をトリガーに勧誘が目的?

当たり前だが、この読売新聞も経営をしなければならないので、利益を出さねばならない。


当然新聞会社なので、購読者数が多くないと話にならない。


そこでこうしたイベントへの応募と題して、新聞の購読をお願いするきっかけ作りをしているのだろう。


ネットで調べてみると、過去に当選した人の記事が出てきて、その人は当たった景品を家まで直接営業の方が届けに来てくれて、その流れて新聞の購読の話をされたようだ。


なんとも旨い話である




考えてみれば当たり前のことである。

企業がお金を出して景品を買って、無料で配るのはボランティアに他ならない。

そんなことをしても企業としては、ただの自己満足にしかならない。



気が弱い人であれば、「景品も貰ってしまったし、これは一回契約をしないと帰ってくれないんじゃないか(一か月だけ購読してすぐ契約を切ろう)」なんて心理にさせるのも作戦なのかもしれない。


企業も無料で顧客情報を手に入れられるので、願ったり叶ったりだ。


さらには営業先のリストが、ポストにチラシを投函するだけで出来上がるので、棚からぼたもち以上、二兎を追って二兎を得た図である。

旨い話には裏がある。

改めて、そう気づかせてくれた出来事である。

ベンチコートはタイミングを見て実費で購入しようと思う。





以上、【当たるか?!】箱根駅伝特別グッズ【当選人数●名!豪華限定グッズが無料で当たる!】のお話であった

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

スポンサードリンク



▼▼ドメイン取るならやっぱり▼▼



Xserverドメイン


▼▼ナウでヤングなドメインがいっぱい▼▼



ロリポップ!


▼▼はてなブログでもお馴染み▼▼



お名前.com


▼▼ブロガーの強い味方▼▼



A8.net

▼▼ランキング参加しています▼▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク