寝ても、覚めてもブログ

雑食系のブログです。アニメ、ブログ作成のポイント、イラストなど。うだつの上がらないブロガーたち、自分に向けて書いています。箸休めになれば幸いです。

スポンサードリンク

【銚子丸】8/25(水)今日スタートの秋の新メニュー食べてきた(劇団セットあきかぜ 1276円)

千葉県千葉市美浜区に本社を置き、

千葉・東京・埼玉・神奈川で展開されている回転寿司「すし銚子丸」にて

秋の新メニューが出たとのことで早速食べてきました。

 

www.choushimaru.co.jp

いつもはスシローさんにお世話になっていますが

(キッズカードはゴールドです)

今回はいつもと違うちょっとリッチなランチを食べたく、いざ出陣。

 

12:10頃店舗に到着。

コロナの影響もあり、きっと店内は空いているであろうと思っていたが

店内はほぼ満席。

 

カウンター席もテーブル席も多くの人でごった返していた。

 

幸いにも奥の席が空いていたので、スムーズにいった。

 

あと5分遅かったら、空腹で待たされてしまうところだった。

 

スシローのように、たくさんの種類を注文しようと思っていたが、

連れが午後一から打ち合わせとのことで、さっと食べられそうな

秋の新メニュー「あきかぜ」に決めた。

 

タッチパネルで注文。

 

シャリの大きさとワサビを入れるか否かを選んで、楽しく待つ。

 

少しして板前さんから握りたてのお寿司をカウンター越しでいただく。

 f:id:omuzig:20210825131144j:plain

 

いざ!あきかぜ!

 

あきかぜは、7カンのセット。

握られているのは左から

  • 中トロ
  • 黒瀬ぶり
  • 上赤身
  • ごまふぐ昆布〆
  • オーロラサーモン
  • あおりいか
  • 赤海老
  • づけかき

金額は1276円(税込)(税抜:1160)

 

同じく秋の期間限定キャンペーンメニュー「あきかぜ」と合わせて

  • 黒瀬ぶり 2カン(275円 税込)
  • ごまふぐ昆布〆 2カン(462円 税込)
  • づけかき 2カン(330円 税込)
  • 戻りかつおたたき 2カン(275円 税込)

こちらも単品でいただくことができる。

 

ちなみに貧乏性の管理人は、それぞれの金額を出したがる。

  • 中とろ(2カン462円税込 → 1カン231円)
  • 黒瀬ぶり(2カン275円税込 → 1カン137.5円)
  • 上赤身(2カン330円税込 → 1カン165円)
  • ごまふぐ昆布〆(2カン462円税込 → 1カン231円)
  • オーロラサーモン(2カン275円税込 → 1カン137.5円)
  • あおりいか(2カン275円税込 → 1カン137.5円)
  • 赤海老(2カン198円税込 → 1カン99円)
  • づけかき(2カン330円税込 → 1カン165円)

しめて、1160円(税込)。

金額としては、定価の10パーセントほど高いところはあるが

この量でこの種類を一皿で味わえるのだから、お得感はないわけではない。

 

f:id:omuzig:20210825131323j:plain

 

大とろは、言わずもがな。

あまり油が乗りすぎず、かと言って乗らなさすぎず、ちょうど良い塩梅。

口の中でとろける感じが気持ちいい。

 

f:id:omuzig:20210825131343j:plain

 

黒瀬ぶり。

身が締まっていていい感じ。

けれどもほどよいやわらかさもあり絶妙。

 

f:id:omuzig:20210825131402j:plain

 

上赤身。

スシローとは違う。高級な感じがした。

あまりマグロ!マグロ!していないのが高いお寿司の特徴なのか。

 

昔知り合いが言っていたけれども、いい魚は肉の味がする?

逆か。

いいお肉は、魚の味がする?だっけか。

つまり、言いたいのは良い赤身ということ。

 

f:id:omuzig:20210825131425j:plain

 

ごまふぐ昆布〆。

お醤油はつけなくてもよかった。

結構味がしっかりついている。

歯応えがなかなかに面白い。

 

f:id:omuzig:20210825131447j:plain

 

オーロラサーモン。

これがいちばんスシローとの差分を感じた一品。

サーモン特有の油がうまい。

サーモン狂の連れも非常に喜んでいた。

 

f:id:omuzig:20210825131509j:plain

 

これもスシローとは違う。

いかだけれども、硬すぎない。

柔らかいに近いけれども、いか独特の食感はある。

悪くない。

 

f:id:omuzig:20210825131529j:plain

 

海老狂の管理人は大喜び。

食感はスシローとはそこまで大差は感じられなかった。

しっぽまでしっかり身が詰まっていた点は、銚子丸の勝ちかもしれない。

 

f:id:omuzig:20210825131600j:plain

 

最後はづけかき。

こちらも醤油はなくそのままでいい。

私はシャリとネタを別に食べた。

づけかきに関しては、シャリではなくビールが一番合いそうだ。

本当は飲みたかった。

あわよくば、生牡蠣も食べたいところだったが、今日のメニューにはなかった。

 

f:id:omuzig:20210825131635j:plain

 

平日ランチ限定の「あら汁」サービス。

なんとおかわり自由。

2杯もいただいてしまった。

具がたくさんあって、たまに魚の身があるとテンションが爆上がり。

具材は、ネギ、人参、大根が確認できた。

追加のネギとわかめ、七味はお好みで。

正直このあら汁が食べたくて、今日のランチを銚子丸にしたくらいだ。

本当に美味しかった。

来てよかった。

 

f:id:omuzig:20210825131657j:plain

 

おかわりのあら汁は、一杯目よりも具が少ない。

店内で多くのお客さんが食べていたからしょうがない。

でもおいしい。

ありがとう。

 

あら汁は通常だと大で198円(税込)。

2杯食べたので、396円お得な気分。

 

f:id:omuzig:20210825131713j:plain

 

ちなみに、連れが今月誕生日で、誕生日の1週間前後であれば

誕生日を確認するものを提示するとデザートをサービスしてくれるらしい。

 

店員さんに誕生日の旨を伝えて、免許証を提示して、こちらのメニューを

手渡してくれた。

 

5種類ほどあるメニューから好きなものを選んでいいとのことで

抹茶好きな連れはすぐに「抹茶ブリュレ(250円税込)」を注文。

 

f:id:omuzig:20210825131727j:plain

 

食後にはぴったりの程よい甘さがよかった。

表面をキャラメリゼしているので、中はやや温かい感じだった。

ほろ苦い抹茶の味が、さらに満足感を満たしてくれた。

 

f:id:omuzig:20210825131745j:plain

 

ごちそうさまでした。

お腹も財布も嬉しい時間。

大満足の銚子丸ランチでした。

みなさんもよかったらぜひ。

 

www.choushimaru.co.jp

 

Xserverドメイン

スポンサードリンク